スバルWEBコミュニティ
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

ジオターゲティング
PROFILE
amazon.co.jp
ジャパネットたかた
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< レーダー探知機が・・・ | main | 物欲暴走、さらに加速! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
スバルR2 インプレッション
今日は、マイインプレッサの12ヶ月点検。日曜日ということもあり、買い物等があるので車がないと困るので代車を借りることにした。

スバルR2S
代車としてきたのはスバルR2。グレードは「S」でAタイプだった(初期型ですね〜)スーパーチャージャー付きの最速グレードジャン!

かなり気になっている車なのでこれは楽しみ!
ちなみに「i」(一番安いやつね)にも乗っているので違いも参考になった。

まずスタイル、これは好みもあるけどクセが強く万人受けしないカッコですな〜。
デビュー当時より見慣れてきたら良いかなと思うようになったけど、車高を落としエアロパーツを付けると意外にカッコ良くなるんじゃないかな〜とも思った。

そして、内装。
R2内装
最近の軽は、本当に質感が良くなった!
昔乗っていたレックスのように鉄板むき出しではない。
しかも、CD・MD付きのカーステ、オートエアコン(Sだけ標準)、パワーウィンドウ等が当たり前のように付いている。
驚いたのはバニティーミラー付きのサンバーザー!
R2バニティミラー
バニティーミラーのカバーを開くと上にランプが点灯するようになっている!軽なのにこんなところまで手が込んでいるのは驚きです。

R2と言えばよく話題になるのは室内が他車に比べ狭いと言うこと・・・。

しかし、買い物に行く時カミさんと二人で乗っていたが狭いと言う感覚は無かった。
ただし、180cm弱の身長の自分が乗ると、天井の低さから頭上に窮屈感を感じた
わかりやすく言うと、首から下はけっこう広々、首から上がちょっと窮屈、といえばわかるだろうか?
慣れてくるとこの感覚はなくなったけどね〜。

この窮屈感は、視界も関係しているような気がする。
自分からフロントウィンドウまでの距離が遠く、視界にAピラーと天井がもろに入ってくる。これにより上下左右の視界が狭く感じられ窮屈感につながっているのかも・・・。
しかし、Aピラーがかなり前にあるためサイドウィンドウが大きく右折時にAピラーが邪魔しないので、横断中の人を発見しやすいというメリットもわかった。

乗ってみるとこのパッケージングも悪くない!車両感覚がつかみやすく運転しやすい!
ただし、やっぱり後席は狭いと感じる。なんといっても前席に座る人のことを重視した大きさのフロントシートに視界を奪われる。
このシートの大きさにより体をしっかり包み込んでくれることから座り心地は他車のシートより断然良い。
R2はやっぱりドライバーズカーなのだ。

さて、次はインプレッション本番。走りのチェック!
市内を40kmほど走行しました。

○ブレーキ
まず最初に感じたのは、ブレーキフィーリングがすごく良い!
ブレーキタッチも良く、踏力に対して素直に変化する減速力はコントロールがしやすい。
最近ではABSが付いている車がほとんどだけど、ABS付きの車はやたらスポンジーでフィーリングが悪いイメージがある。
そんなことから期待はしてなかったけど予想に反してフィーリングが良かった。

○足回り
ハイパワーエンジンの「S」だけあって、乗り心地重視で若干フニャフニャ感のある「i」に比べシッカリしている。
フロントにスタビライザーが付いているのでロールも適度な感じ。
かといってガチガチではなく、乗り心地もしっかり確保されているので疲れることは無かった(マイインプレッサがレーダー探知機のステーが折れるぐらい硬いので最近どのノーマル車に乗っても乗り心地が良く感じる(^^;)

ただ、気になったのは腰高感があり、どっしりとした感じが少ない。
軽自動車に要求するのは酷かもしれないけど、最近どのメーカーの軽自動車に乗っても腰高感を感じる。
昔はそれほど感じなかったけど、最近の流行で着座位置が高くなってるためそう感じるのかな〜。

○エンジン
R2 EN07
スーパーチャージャー付きということもあり、低回転でも十分なトルクを発揮する。
前にSOHC−NAエンジン搭載した「i」に乗ったことがあったけど、やはり排気量の小ささからトルクが少なく、加速時は高回転を多用することになった。
スーパーチャージャー付きのエンジンは低速から十分なトルクを発揮するため、アクセルを踏み込まなくてもガンガン加速する。
これは長距離走行しても疲れが少ないだけでなく、燃費にも良い影響を与えそうだ。当然低回転でも加速するので、室内はうるさくない。

○ミッション
「S」といえば、7速スポーツシフト付きのi−CVT(無段変速機)。
このi−CVTはスーパーチャージャー付きエンジンとのマッチングが最高!Dレンジでは、エンジンのおいしいところを使うように変速してくれるので、軽とは思えないぐらいトルクフルな加速をしてくれる。
またマニュアルモードの7速スポーツシフトも操作に対するレスポンスが抜群!
特にシフトダウンでは文句のつけようが無いぐらい気持ちよくシフトダウンしてくれる。
今までのようなCVTの違和感は全く感じなかった。

ただ1点、改善点があるとすれば、エンジンの低回転域でアクセルオフから少し踏んだ時、ロックアップのオンオフ制御が入るのかショックを感じることがあった。これを改善すればもっと良くなるんじゃないかな〜。

初期のA型ということもあり、今では改善されているところも多いと思うけどかなり良い感触!
ペーパードライバーのカミさんにも乗せてみたけど、これなら運転しやすくて良いと言っていた(年に数回の練習ではノアだからね〜)。その中で特にブレーキの効きが良いことが気に入ったらしい。

もし、セカンドカー買うならR2の「S」だね(噂されているR3も気になる)。
とは言うものの、セカンドカーなんて現状じゃ買えないけどね(^^;
| | 23:46 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:46 | - | - |
コメント
わもこの間、三菱のekワゴン乗ったけど、小物入れの数の多さに驚いたよ。それぞれの容量はちっぽけなんだけどね。
ただやはり非力さは感じた。R2はかなりトルクがあるみたいだけど、多分最上位のグレードだよね。そうすっと、マーチあたり買える値段になったりして。

個人的には、軽には居住性よりも安全性を望みたい。あの薄さで正面衝突したら・・・。あのペラペラ感がのれおっかねんず。
| harry | 2006/01/31 10:19 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://skmt.jugem.jp/trackback/21
トラックバック

金利差がスワップポイントとして加算