スバルWEBコミュニティ
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

ジオターゲティング
PROFILE
amazon.co.jp
ジャパネットたかた
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< スバルR2 インプレッション | main | ハーレーダビットソン製作記2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
物欲暴走、さらに加速!
今日、通販で注文していたものが届いた。それは・・・

APC−006N
エアテックスAPC−006N

ほとんど酔った勢いで注文してしまいました。
けど、どっちみち買うつもりだったので後悔なんてありません。むしろワクワクしています。
さて、エアテックスAPC−006Nですが、同社のツインヘッド・Wシリンダー搭載のエアーコンプレッサAPC−005Nに3.5リットルエアータンク・エアーレギュレーター(圧力調整弁)・水取りフィルタを装備した物です。
エアーレギュレータ
エアーレギュレータ・水取りフィルタ部分

届いたコンプレッサを見てみると想像より小さい!サイズは長さ290mm、幅150mm、高さ320mm。それほど場所をとりません。
実はこれよりコンパクトなAPC−002と迷ったのだが、シングルヘッド・シリンダーでタンク容量2.5リットルと容量が小さいもののサイズがほとんど変わらないので、より性能の高いAPC−006Nにしました。
「大きいことは良いことだ〜」というCMもあったし、性能は高いに越したことは無い!

本当は、静かなAPC−007も欲しかったけどいかんせん値段が高い!
ということで、APC−006Nにしたのです。

早速動作チェック!
音は今使っているタミヤのスプレーワークより断然静か!APC−007に比べると音が大きいが、うるさいと思うほどではない。しかも、Wシリンダーのせいかなんとなく音に高級感が・・・。思い過ごしか?

3・5リットルという大容量のエアータンクを装備しているが、Wシリンダーのおかげで数十秒で5.5kgf/c屬肪しコンプレッサーが自動的にストップする。エアーブラシを噴き4.0kgf/c屬飽砧呂低下した時点で自動的にコンプレッサーが作動し5.5kgf/c屬望紊る。
この間のコンプレッサーが作動している時間が短いので、音が出ている時間は少ない。
エアータンク付きを選んで正解だった。

物欲の残りはノズル0.5mmのエアーブラシだ。3月にタミヤから発売されるようなのでそれを購入しようかと思っている(カーモデルがメインなので広い面積を塗装するのに欲しい。しかも個人的にトリガータイプが好みなので)。

ということで今まで使っていたタミヤスプレーワークはサーフェイサー噴き用、エアテックスはカラー塗装用と使い分けることにする。

ここまでで道具がほとんど揃ったので、そろそろ作業を進めたいと思う。

実は、道具は良いものを揃えた方が良いということに最近気づいたんです。余計な作業工程が少なくなって作業量が減る→作業の失敗のリスクが減る→完成度が上がりきれいに仕上がる、の構図に最近気づいたので物欲が激しくなったようだ。

エアーコンプレッサ
エアーコンプレッサと、タミヤHGトリガーエアーブラシ、クレオス・エアーブラシスタンド&トレイセット兇鬟札奪箸靴榛邏隼の組み合わせです。
| プラモデル | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:53 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

金利差がスワップポイントとして加算