スバルWEBコミュニティ
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

ジオターゲティング
PROFILE
amazon.co.jp
ジャパネットたかた
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 吹雪の中、弘前まで行った理由は・・・ | main | ついつい見続けてしまう除排雪風景〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
携帯電話の機種変更しました
JUGEMテーマ:ケータイ


ことの発端は、カミさんの携帯が調子悪くなったこと。
充電しても1回の通話で電池切れ・・・
5年ぐらい使っていたんですけど、バッテリーが限界らしい。

au A1304T
↑ここまでがんばってくれた【au A1304T】

本来はカミさんの携帯の機種変更となるのですが、カミさんいわく、「私はW41Hのお下がりで良いので、新しいの買っても良いよ」という神の声!!!

カミさん偉い!

と思ったら、「新しいのは自分で買ってね・・・」だって・・・(苦笑)

まぁ、仕方ない。。。

早速、カタログをもらってきて検討〜。

この時期、新機種がいろいろ発表されていて、もう少し待って比較検討しようかと思ったけど、如何せんカミさんの携帯の事を考えるとそんな余裕も無い・・・。。。

で、決めたのが、【au WoooケータイW53H】

au W53H

au W53H

よく考えると、日立の携帯を買うことが多いな〜^^;
まぁ、同メーカーだと基本的に使い方が同じなので、すぐに使いこなせるので良いんです。。。

ちなみに、選択した基準は・・・
・ワンセグが見れること
・ワンセグを見るとき、折りたたんだ状態で見れること
・カメラを使うときも、折りたたんだ状態でデジカメのように撮影できること

で現行のモデルでいくつか候補に挙げたけど、有機ELディスプレイに惹かれて(相変わらず新し物好き・・・^^;)W56Tと悩んだ結果、日立製WoooW53Hに決定!

では、今まで使っていたW41Hとの比較。

W41H&W53H
↑大きさはほとんど変わらない。

W41H&W53H
↑けど、比較にならないぐらい薄い〜!ちなみに重さも断然軽い!

W41H&W53H
↑キーが大きくなったことと、照明(LED照明?)が明るく操作しやすい!

W41H&W53H
↑ディスプレイが、2.7インチのW41Hと2.8インチのW53H。わずか0.1インチの差だけど、並べてみると結構差があるように見える・・・。

W41H&W53H
↑ワンセグ画面での比較。液晶に比べて有機ELはクッキリ!

カメラを撮影してみて気づいたことなんですけど、

W41Hのストラップ
↑W41Hのストラップ位置

W41Hのストラップ
↑この位置だと、撮影のときにレンズにストラップが被ってしまうのが難点だったけど・・・

W53Hのストラップ
↑W53Hでは、この位置に変更されてました。
 レンズに被る事も無く煩わしさから開放〜^^
 携帯のカメラをよく使うという人は、ストラップの位置にも注意してみてみると良いかも!

すべてにおいて進化しているかと思いきや、性能ダウンしたところも・・・

W41Hカメラ
↑W41Hのレンズ部分

W53Hカメラ
↑W53Hのレンズ部分

カメラの画素数は大きな違いのない2台ですが、AF付きでコンデジと遜色ない画質だったW41Hに比べ、W53HはAFが付いておらずマクロモード(近距離撮影モード)がレンズ脇のスイッチで切り替え・・・。

コンデジ並みの性能のW41Hとインスタントカメラ並みのW53Hという違い。。。

試しに撮影してみましたが、明らかにW41Hの方が画像が良い!!!

ディスプレイの性能アップに集中した結果の性能ダウンなんだろうか・・・。

ちょこちょこ携帯で撮影する自分としては、非常に残念〜(T_T)


そして、このモデルの要注意点!

W53H
↑ディスプレイの表面は強化ガラスとのこと。
 落としたら割れちゃう可能性も・・・。
 有機ELモデル全てが強化ガラスなのかは未確認ですが、もしそうであれば絶対落とさないように注意です!


と、手にしてみて気づいた点を列挙してみました。
W53Hに限らず、これから携帯電話を購入するという人に機種を選択する際の参考になれば幸いに思います。

いろいろ長所短所あるようですが、また気付いた点があれば報告したいと思います。

マイクロSD
↑最後に外部メモリーである、マイクロSD(左上)
 ちっちゃくて、無くしちゃいそう〜(汗)
| 携帯電話 | 03:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:18 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

金利差がスワップポイントとして加算