スバルWEBコミュニティ
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

ジオターゲティング
PROFILE
amazon.co.jp
ジャパネットたかた
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< ハーレーダビットソン製作記6 | main | フジミ製GDB−F型インプレッサ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
マイインプレッサ復活!
本日、マイインプレッサ(GC8)が退院しました。

ラジエター破損箇所
外したラジエターを見せてもらいましたが、赤で囲った部分が亀裂が入りクーラントが漏れ出した部分(写真で亀裂がわかるかな?)。

ここ以外にも写真上部のアッパーホース取り付け部にも亀裂の入りそうな部分があった。
どっちみちラジエターは限界だったようです。

このようなトラブルはGC8インプレッサに限らず、年数と走行距離の行った車は珍しくないとのことです。
近年の車は、ラジエターのコア部分はアルミなので問題ないけど、ラジエターホースが接続するタンク部分は樹脂(プラスチック)で出来ていることから熱による経年変化で硬化し、渋滞やエンジン停止直後など水温が上がり圧力がかかると、このように亀裂が入りクーラントが噴出す現象は珍しくないようです。

確かにマイインプレッサは、エキマニを交換しているし、ラジエターキャップを高耐圧に交換しているので逝きやすい条件が揃っている・・・。
ちなみにマイインプレッサはラジエターキャップを1.1kg/c屬妨魎垢靴討襦淵痢璽泪襪錬亜ィ坑襭隋殖祗屐法
少なくともラジエターキャップはノーマルに戻した方が良さそうだ。

年数と走行距離、圧力が掛かり易い状況の車は要注意です!
| マイカー日記 | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:08 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

金利差がスワップポイントとして加算