スバルWEBコミュニティ
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

ジオターゲティング
PROFILE
amazon.co.jp
ジャパネットたかた
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 家庭菜園の経過(2) | main | 今年の初収穫〜家庭菜園〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
今日は『芦野公園』で散歩
JUGEMテーマ:日記・一般

最近、静かな公園を散歩するのが趣味のようになってきました。

今日の散歩の場所は、五所川原市(旧金木町)にある『芦野公園』。

まず出迎えてくれたのは『児童動物園』の動物たち。。。


↑最初は真っ白なヤギがお出迎え。
 よ〜く見ると、お腹が膨れてる〜!もうすぐ子ヤギが生まれるんですかね〜^^
 もう一頭、茶色のヤギもいたのですが、こちらも妊娠中のようでした。
 元気な赤ちゃんが生まれると良いですね^^


↑これ何という鳥だろう??? 名前チェックするの忘れた・・・


↑烏骨鶏の親子。


↑ヒナがずっと母鳥にくっついて歩いてました^^ カワイイですね〜^^


↑そして、こちらが鹿。カメラを向けたら振り向いてくれました^^
 角がなんとも言えない光沢をしてました。


↑そして『合浦公園』でもおなじみの、サル。
 眠いのかな?ボーっと辺りを見回してました。。。


↑なんとヒグマもいました! この辺の公園では珍しいかも。
 グッスリ寝ていました。しかし、なんつう寝相だ・・・f^^;

この他にも孔雀やチャボなんかもいて、結構楽しめた^^

さて、『児童動物園』を後にして、公園内を散策。


↑屋外ステージのようなところに向かう道はこんな緑がイッパイ!


↑大通りをずっと奥に進んでいく・・・
 これは桜並木かな? とすると、桜の時期はこの場所もキレイな景色を楽しめるかも。。。


↑そして、一個目の橋『桜松橋』に到着。
 予想以上に立派な吊り橋です。


↑その『桜松橋』を渡る〜。
 当然、吊り橋だから歩くと揺れる〜!!!
 景色を楽しもうと、長い時間橋の上にいると酔いそうになった・・・f^^;

『桜松橋』を渡り切ると、もう一つの名物?の橋、


↑『夢の浮橋』
 その名の通り、水面に浮かんでる橋です。


↑緑に囲まれた歩道を歩いて行くと・・・


↑いよいよ『夢の浮橋』の入口に到着です。それでは渡ってみます!


↑渡ると不思議な感触の橋ですね。
 普通、橋というと水面から高い位置を歩くのですが、この橋はまるで水面を歩いているみたい^^


↑そりゃそうですね!これだけ水面に近いのですから・・・

歩くと多少上下に揺れますが、コンクリート製のためか思ったほどの揺れではありませんでした。
つなぎ目のあたりで、フッと体重を掛けると、少し沈みこみます。
コンクリートという重い物体が水に浮いているという感触が不思議なんですが、これがまた面白い!

となると、少し構造にも興味が湧いてきた・・・f^^;
散策を中断して、しばし橋を見てみる。。。


↑コンクリート製の橋には、何か所も繋ぎ目があります。


↑その繋ぎ目を覗いてみると、筒状のゴムでドッキングされそれぞれのコンクリートの動きの違いを吸収しています。
 と同時に、位置の保持もおこなってるようです。

もうひとつ、疑問に思ったのが、この湖はため池として利用されていて水面の上下もあるはず。。。
その上下道を、どうやって吸収しながら位置出しをしているのか???


↑その要となるのが、橋の両側にあるこの数十本並んだ鉄柱。


↑下を覗いてみると、橋から出た3個のローラーで位置出しをしながら上下動に対応する構造でした。

う〜ん、納得、納得^^

これで心おきなく、また風景を楽しめます^^


↑水面に浮かんでるような気分を味わいながら、ベンチで一休みするのも良いかも。。。


↑水面から見ると、『桜松橋』もかなり高い位置にあります。


↑今日の水面に映る太陽〜!こんな近くで見るのは初めてかも・・・

今回は橋を渡り切るのを止め、途中で引き返して緑を楽しみます。。。
↑ちょっと歩くの疲れてきた・・・f^^;


↑また緑の中を散策します。


↑辺りは緑がイッパイ!


↑緑の中を散策していると、ポタポタと何かが落ちてきた。
 藤の花です。


↑気がつくと、足元には藤の花がイッパイ!


↑見上げると、あんなに高い所に藤の花が咲いてました^^
 そろそろ藤の花も終わりですね〜。。。


↑再び緑を楽しみながら歩いていきます。


↑「歩き疲れたよ〜」とボヤキながら歩くカミさん・・・f^^;
 そりゃそうだ!時計を見ると、1時間歩きっぱなし・・・。
 しかも、帰り道に選んだルートは上り下りが激しい!
 駐車場は、もうすぐですよ〜。。。
 がんばりましょう〜!


↑『芦野公園駅』に到着!


↑ふと思ったのですが、こんなに緑に囲まれている駅は珍しいのでは・・・

と思っていたら、なにやら踏切の”カンカンカン”の音が聞こえてきた!


↑津軽鉄道の列車到着です^^


↑五所川原駅発、津軽中里駅行きの列車です。
 緑の中にオレンジの車体が良いコントラストです^^
 よ〜く見ると「走れメロス」号のようです。 


↑間もなく、緑に囲まれながら津軽中里駅に向け出発していきました。

「走れメロス」号を見送った後は、


↑アメリカンドックで腹ごしらえ^^ (ちょっとピンぼけ・・・、食欲が凄くて震えてしまったか???)
 運動の後の食事は美味い!

『芦野公園』を後にする前に、もうひとつ見たいものが・・・


↑それは、駐車場の隣に展示されていたコレ!(ほとんど文字が見えませんが・・・f^^;)


↑『T2(超高速高等練習機)』


↑こんな間近に見られるというのも凄い!
 (しかも、ちゃっかりバックにマイインプ!)
 チェーンは張ってますが、中に入り放題〜f^^;
 エンジンは外されているのか、鉄板で蓋がされてました。


↑(ちょっとピンぼけになっちゃいましたが・・・)驚いたのは、整備時の注意書きがいたる所に書かれていたということ・・・。
 (しかも、命令口調・・・)
 練習機だからかな〜???


↑そして、コクピット。
 メーター類は外されていますが、スロットルレバーや操縦かんが残されていました。

『T2』を子供達も気軽に間近で見ることができる。
いろんなものを間近で見られるというのは、良い環境です^^
(『T2』のすぐ隣には滑り台があるぐらいの親近感ですf^^;)

『T2』を観察したのち、『芦野公園』を後にし、国道339号線から「米米ロード」へ


↑田んぼの中をひたすら真っ直ぐの『米米ロード』を突き進みます!

そして、五所川原ICから『津軽自動車道』に入ります。


↑去年開通したばかりの、『津軽自動車道』五所川原IC付近。
 
この後、『津軽自動車道』で浪岡大釈迦まで行き、国道4号線で青森市に帰還!
ただ散歩するだけの目的なのに、わざわざ五所川原市(旧金木町)まで行かなくてもね〜f^^;
けど、青森市内の公園とはまた違った風景が楽しめました^^

次は、どこの公園に散歩に行こうかな〜f^^;


↑『津軽自動車道』の青森市と五所川原市境付近にて
 ゴールデンウイーク後半で楽しめたリンゴの花。
 すでに無くなって、リンゴ畑は緑に覆われていました。
 4、5ヶ月経つと、赤で覆われるんでしょうね〜^^
 ↑と考えると、夏もあっという間ですね・・・f^^;

| 青森の景色 | 03:11 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:11 | - | - |
コメント
芦野公園は去年の桜の時期に行って以来です。
なんと言うか・・・津軽の中心に近いこの公園は好きな公園の一つですね。過去ログのURLを貼っときます。
| nakamu | 2008/06/07 12:00 AM |
>nakamuさん

芦野公園をゆっくり散策するのは初めてだったのですが、なかなか良い公園だなと思いました^^

nakamuさんの記事の写真は良いですね!
特に桜の中を走る津軽鉄道がとてもキレイ^^

来年は桜の時期に行ってみようかな〜。
| カズ | 2008/06/08 1:57 AM |
僕は神奈川県住みなんですけど、おじいちゃんの家の近くにあるので前から知っていました。
あそこの公園の入り口のおでんが美味しいですよ。
今は高1ですが、小学生の時に良く芦野公園に行きました。
| 柴電改 | 2014/11/23 12:39 AM |
>紫電改さん

個人的な勝手なイメージなのですが、芦野公園って他の公園と違って立体的な公園っていうイメージで、散策していて飽きない公園ですよね。
小高い丘に登り吊り橋をわたり、坂を下って水面に浮かぶ橋を渡り、緑の匂いを嗅ぎながら、林の中を散策。
いつも思いっきりリフレッシュしちゃいます^^

そういえば、いつも惹かれながらも入口のおでんやそばを食べることなかった。

今度行ったときは、お勧めのおでんを堪能してきます。

本当に、良い公園ですよね^^
| カズ | 2014/12/01 11:01 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://skmt.jugem.jp/trackback/376
トラックバック

金利差がスワップポイントとして加算