スバルWEBコミュニティ
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

ジオターゲティング
PROFILE
amazon.co.jp
ジャパネットたかた
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< GDB−Fインプレッサ製作記(27) | main | GDB−Fインプレッサ製作記(29) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
GDB−Fインプレッサ製作記(28)
JUGEMテーマ:プラモデル
 
前回の記事で、エッチングで作ったグリルを接着した時から気になっていた事。。。

リアル感抜群ですが、その奥が透け透けに見えちゃうんです・・・f^^;


↑普段見る分にはどっちみち影になってわからないので良いのですが、正面側から光を受けるとシャシの裏側が見えてしまって、エンジンルームが”がらんどう”なのがよくわかる・・・f^^;

こりゃ、なんとかしないといけない!

ということで、ラジエター・・・いや、正確にはエアコンコンデンサを製作する事にしました。。。

↑まずは、グリルの幅と高さをプラ板にけがき、


↑Pカッターを使って、切り出します。


↑けがき針で縦線をある程度幅を取りながら深めに、そして細かく横線をけがきます。。。

と言っても、かなり適当ですが。。。
しかも、後で実物を見たら、横線を深めに縦線を細かくが正解だったかも・・・f^^;

まぁ、雰囲気が出れば良いと言う事にしましょう(汗)


↑真ん中に支柱を入れてシャシへの接着場所を確認。。。


↑支柱をボディ色、エアコンコンデンサをセミグロスブラックで塗装して、シャシに接着!


↑正面からストロボをたいて撮影してみると、雰囲気は出たんじゃないかな^^

さて、ここからはボディの細かなパーツの製作。


↑使用しなかったキットのグリルから、六連星エンブレムの部分を切り出します。


↑切り出したのがコレ。

キットが2つあるので(ご存じのとおり、ボディ再製作のためにWRXを購入してましたから・・・)、前後用に2つ用意しました。

ちなみに左側にあるのが、フロント用です。

グリルが奥まっているため、ボディとの段差解消のために1mmのプラ板を継ぎ足しております。

そして、サーフェイサーを吹いて、形をチェック!
プラ板との合わせ目に隙間があったり、切り出した時の欠けもあったのでパテを使って整形。

もう一度サーフェイサーを吹いた後、


↑やっと、塗装です。。。

ブラックを吹いた後、マスキングをしてアルクラッド兇離ロームを吹いてみました。
もちろん、リア用はマスキングせずに全体をクロームで吹いております。

さて、ここからが難題。。。

六連星をどうやって表現するかです。

今までであれば、つまようじを使ってそれらしく表現していたのですが、やっぱり星の形がイマイチ・・・f^^;

どうしようかな〜と模型店をプラプラしてみると、


↑今の時代、ホントに便利な世の中になりましたね〜^^

インクジェットプリンタを使って、デカールを作れるんですよねぇ〜。


↑ということで、カタログにあった六連星マークをスキャナで読み込んで・・・


↑印刷用のデータを、パソコンで作成。(と言っても、大きさを調整するだけですが・・・)


↑左右反転させて、いよいよ台紙に印刷。。。

ちなみにこの台紙には、”ホワイトタイプ”と”クリアータイプ”があるのですが、今回はもちろん”クリアータイプ”を選択。

これで、星の部分はしっかりクロームの色が出るはずです。


ここからは、作業に熱中してしまい撮影する事を忘れてましたが・・・f^^;


十分乾燥させた後、粘着シート(極薄の両面テープ)を張り付けて六連星を切り出します。

そして塗装してあった台座に貼り付けた後、指に水を付けて10数秒ほど台紙を押さえていると・・・

スルッと台座が取れて、マークの転写に成功!

上手くいくのか不安な中での作業でしたが、あっさり出来てしまった。。。

これは良いですね〜^^


・・・って、六連星完成後の画像も撮り忘れてましたf^^;


次は、ナンバープレート。


↑ここまで拘ったので、今回はこれもエッチングパーツを投入しちゃいます!

(ちなみにこれ、1/24用となってますが縮尺を計算すると、1/32の大型にも使えちゃうんですね〜!)


メタルプライマーを吹いて、ホワイトで塗装。

ナンバーは、その時頭に浮かんだ番号を入れました。

グリルに六連星とちっちゃなSTIエンブレム(ホントにちっちゃくて取り扱いに神経がすり減りましたよf^^;)、そしてナンバーを接着して・・・・


↑やっとボディが完成!


↑リアはこんな感じです。

しばらく、これを眺めて作業中断・・・f^^;


・・・といっても、完成目前なので・・・

早速作業を再開!


↑あとは、現在製作中のマフラーを残すのみです!
| GDB−F製作記 | 03:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:47 | - | - |
コメント
お久しぶりです!!
本日は本命の公立の発表でした!!結果は・・・。見事合格でした!!点数がヤバかったので落ちたと思っていたのですが、奇跡が起きたのかちゃっかり合格してしまいました。
心配をおかけしました!!
これでもう、これからの3年間は車と空手(個人で習ってます)とバンド(車好きの友達とやっています)に打ち込んでいけます!!もちろん勉強も・・・。
と、言う訳で、本当にありがとうございました!!
僕もなんかプラモデルでも作ってみようかな!!(^^♪
LEGACYのBEのパトカーとか!!(走り屋の天敵ですね(笑))
僕的にはそろそろBLやBPや、クスコインプのも出てきて欲しいんですが・・・。
何かお勧めの車種があったら教えて下さい!!!

カズさんのインプも後はマフラーだけですか〜!!
ボディは凄いですね!!この世にあるどんな車よりも輝いてますよ!!
モーターショウに展示している車みたいですよ!!!
あと少し、楽しみにしています!!

最後に・・・。TOYOTAは大変ですね(>_<)社長が変わって、昔のTOYOTAに戻ってくれると期待していたのですが・・・。頑張って欲しいですね!!スバルの親会社としても!!FT−86楽しみですね!!WRC復帰も近いか!!??

それでは今回はこの辺で。毎回長くてすいません!
| ILOVE六連星 | 2010/03/11 1:21 PM |
>ILOVE六連星さん

お久しぶりです。

合格、おめでとうございます!

今まで勉強に頑張った分、これから好きな事を楽しむ事ができますね。
いや〜、ホントに良かった良かった(^0^)
人ごとながら、良い話を聞いて私も嬉しいですよ^^

車と空手とバンドの合間に、是非プラモデルも入れてくださいね〜!
お勧めのモデルですか。。。
それはやっぱり評価の高いフジミのGDB-Fインプレッサですね〜(笑)
あとは、ハセガワのGC8―Aも結構出来が良いようですよ。
(これも製作リストに入ってます。もちろんVer4に改造する予定ですが・・・)

BEのパトカーは、確かフジミ製でしたよね。
一度フジミのBEを作った事がありますが、出来は・・・イマイチ・・・f^^
レガシィだと、アオシマ製の方が良いかもしれません。
(そういえば、ワゴンしか無かったかな。。。)

もう少しいろいろ見て、お勧めがありましたらお知らせしますね。

こちらのインプもマフラーを残すのみです。
・・・と言いながら、だいぶ経ちますね〜(汗)
実は、いろいろあり中々先に進まなくて・・・

もう少しお待ちくださいませm(_ _)m

ホントにトヨタは大変な時期を迎えてしまいましたね〜。
社長交代で、これからという時だったのですが・・・

なんとかこの苦境を乗り越えて、また良い車を作ってほしいところです。

>毎回長くてすみません!

いえいえ、そんなことありませんよ!
こちらもコメントを頂いて、嬉しく思ってます。

これからも、よろしくお願いしますね〜(^0^)/
| カズ | 2010/03/16 12:09 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

金利差がスワップポイントとして加算