スバルWEBコミュニティ
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

ジオターゲティング
PROFILE
amazon.co.jp
ジャパネットたかた
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 東北道の駅スタンプラリー2011(2) 〜久しぶり!深浦方面〜 | main | 東北道の駅スタンプラリー2011(4) 〜三沢周辺〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
東北道の駅スタンプラリー2011(3) 〜津軽半島、半分〜
JUGEMテーマ:日記・一般

8月26日、天気が良かったのでスタンプラリーの旅に出かけました。


↑前回とは違い、岩木山がクッキリ!


↑緑が広がる津軽平野の中、どこまでも真っ直ぐな「米マイロード」を突き進む。。。


↑道の駅十三湖高原【トーサムグリーンパーク】に到着!


↑7つ目のスタンプをゲットです!


↑道端に立つ大きな風車を眺めながら、国道339号線を北上!


↑道の駅こどまり【ポントマリ】に到着。


↑8個目のスタンプをゲット!

ここで一息です。。。


↑ここでのお供は、海峡ドック。

パンに挟まれているのは、鶏の唐揚げではなく、なんと丸ごと唐揚げしたイカです!!!
こりゃ強烈なインパクトですよ〜

このイカの唐揚げ、プリプリッっとした食感で、マスタードとの相性抜群で中々美味い!

ちょっと残念なのは、作り置きしたものを冷蔵庫で保管していて、購入するとチンで温める事。。。

もし作りたてで、唐揚げのサクサクっとした食感とパンのフワッとした食感が加わると思うと、かなりの一品となると思うのですが・・・

是非、出来たてを食べてみたいです!

さて、満足した後はいよいよ龍泊ラインへ・・・

と、行きたかったのですが、久しぶりのドライブでスタミナ切れ・・・

ここで引き返す事にします。。。

また、天気が良い時に行きたいと思いますのでお楽しみに!


↑帰り道、ちょっと寄り道。

小泊埼の方へ行ってみます。

知らないうちに、海岸線沿いに新しい道路が出来ていて、快適な道となってました!

この道は、「ライオン海道」というらしい。。。


↑行ける所まで行っての戻り道。

左手に絶壁、右手に日本海、景色のいい道路です!


↑途中の橋の欄干には、なんか神秘的な像が・・・


↑「ライオン海道」というだけあって、ライオンの像もあります。

「ライオン海道」って命名されるということは、この辺りに何か伝説とかなんかがあるのだろうか???

もしかしたらライオンの顔をした岩があるのかな?と思い探してみたけど、そういうのは見つけられなかったし・・・

調べてみるのも面白そうです^^


↑橋の上を走っている時の景色は、ホントにキレイです!

「ライオン海道」の言われがわかったら、またゆっくりドライブに来てみたいですね〜

さて、遅くなる前に青森に向かいます!


↑と言いつつ、岩木川河口(?)(もしかしたら十三湖河口???)に立ち寄る・・・

日没を見たいと言う欲望には勝てません。。。


↑さっき行ってきた、「ライオン海道」は、あの辺ですね〜^^

ここで、日没まで・・・と思ったのですが、風が強くて寒くなってきたので、早々に退散。。。
(久しくドライブしていない間に、スタミナだけでなく、根性まで無くしてしまったようだ・・・f^^;)


↑帰り道でも岩木山がクッキリです!

田園風景が広がる中に、キレイな形の岩木山。

良い眺めです^^


↑今回は、津軽自動車道を使わず、あえて帰り道も「米マイロード」をクルージング。

その昔、黄金の国と言われた理由は、収穫前の田園風景をみた外国人が言ったという説があります。

この季節の「米マイロード」、まだ緑がかってますが、なんとなく黄色が混じった田園風景を眺めながら走っていると、日本は黄金の国なんだな〜なんて感じちゃいます。

久しぶりの津軽半島への旅、天気が良かったおかげで風景を堪能できたので、楽しかった^^

今年中に、絶対竜飛岬と龍泊ラインに行かなければ!と思ってしまった一日でした。。。

| 東北道の駅スタンプラリー2011 | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:23 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

金利差がスワップポイントとして加算