スバルWEBコミュニティ
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

ジオターゲティング
PROFILE
amazon.co.jp
ジャパネットたかた
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 東北道の駅スタンプラリー2011(3) 〜津軽半島、半分〜 | main | GC8−Eインプレッサ(マイカー)製作記(6) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
東北道の駅スタンプラリー2011(4) 〜三沢周辺〜
津軽半島半分を回った次の日の8月27日、いい天気に誘われ三沢方面に行ってきました。
(もう、2か月近く前の話題ですね・・・f^^;

↑今年も真っ直ぐな農免道路を疾走〜

青い空と緑の草原の中を走ると、ほんとに気持ちがいいですよね〜^^

↑と言っている間に、道の駅おがわら湖【湖遊館】に到着。

↑9個目のスタンプをゲットです。

休憩もそこそこに、いつもどおり小川原湖の南端をなめるようにぐるりと半周。

↑道の駅みさわ【斗南藩記念観光村】に到着。

↑あれっ、なぜに「東国原知事」???と一瞬思ったけど、よ〜くみると違ったf^^;
 似てると思うのは、私だけ???

それはともかく、10個目のスタンプをゲットです。


いつもなら、さらに八戸周辺に行くところですが、今回はずっと行きたかった場所に行きます!

それは、三沢市にある【青森県立航空科学館】。

・・・建物を撮影するの忘れた・・・(汗)

というわけで、いきなり中の展示物です。。。

↑三沢からアメリカまで太平洋無着陸横断飛行に成功した「ミスビードル号」です。
 やたらきれいだと思ったら、復元機のようです。

↑実物を見ると、結構小さい・・・

こんな小さな機体で41時間も飛ぶとは、かなりの大変さだったでしょうね〜

展示されているエピソードを見ると、実際に大変だったらしいです。。。

↑その太平洋無着陸横断を支えたエンジン。

この星形エンジンを見るたびに、いつも疑問に思っていたクランクシャフトの構造。

何本もあるコンロッドをどうやってあの短いクランクシャフトに繋げているんだろう?と思ってましたが、今回の見学でカットモデルを見てようやく理解(カットモデルの展示はこの場所じゃなかったかもしれないけど)。

↑お次は有名な国産機、YS−11です。

↑こちらもエンジンフードが開けられエンジンを見学できます。

搭載されていた状態なので、細かいところまで見ることができないのが残念。。。

YS−11を一回りしたらタラップから搭乗です。

↑室内に入ってすぐ見れるのが、コクピット。

旅客機って、ほんとにすごい数の計器とスイッチですよね〜。

この当時の機体って、やっぱりアナログなんですね。
今の機体だと、モニターが並んでいるんでしょうが・・・

でも、アナログの計器が並ぶ姿は、やっぱりワクワク感が違いますね〜
(と思うのは、年齢の影響???)

↑初めて見る客席です。

第一印象は、思ったより天井が低い!ということ。

乗ったことのある旅客機といえば、747と737、そしてMD−90ぐらいだけど、もっと天井が高かったような気がする。。。

でも、747を除いては客室の広さはあまり変わらないかな・・・

と、思ったけど実際はどうなんでしょう?
そういえば、旅客機に乗ったのって、もう10年以上前だから記憶が薄いな〜f^^;


↑すぐそばには、ジェットエンジンが展示されてます。

こうやって単体で見ると、一瞬どっちが前かわからなくなりますが・・・、右側が前ですねf^^;

隣で次に行きたがっているカミさんを横目に、ジロジロとあちこち覗き込む。。。

傍から見ると変な人に見られちゃいそうです(笑)

↑お次は来年の4月22日まで展示延長されたイベント【零戦がやってきた】です。

一瞬本物か?と思いましたが、こちらもレプリカのようですね。

↑諸元・性能表です。

これを見て驚いたのが、自重の1,876kgという数値。

飛行機ってもっと重いものだと思ってましたが、零戦ってほんとに軽かったんですね〜。

それが、身のこなしの軽さの要因なんでしょうね〜

↑この角度で見ると、機体のコンパクトさをさらに実感します。

↑こちらがコクピット。

機体の小ささから想像はしてましたが、ほんとに狭いですね。。。

YS−11のコクピットを見た後では、計器類のシンプルさに驚く・・・

ところで、右上の「二四五」と左上の「七三六」の意味ってなんでしょう???
やたら気になる・・・

↑機体左後部に印字されていた形式等です

製造番号の中島って、中島飛行機のことだろうか???


今回は展示されていた飛行機をメインに取り上げましたが、それ以外にも楽しめる展示が多かった。

次回はもっと時間を取って、じっくり見学したいところです。


帰る前に、裏の広場を散策。

こちらには、戦闘機が展示されてました。





などなど。。。

もっとあったけど、さすがに歩き疲れてきたのでそろそろ退散・・・


そろそろ帰路につきますか。。。

↑といったところですが、三沢市から真っ直ぐに帰らず、道の駅しちのへ【七戸文化村】に立ち寄る。

↑11個目のスタンプをゲット。

↑しばらく来ないうちに足湯ができてた。。。

東北新幹線新青森駅開業後、かなり力を入れている七戸駅周辺ですが、今まで以上に面白い道の駅になりそうです。

↑といったところで、きれいな夕焼けをみながら青森市に帰りました。

今年のスタンプラリーは、今までにないぐらいのスローペースですが、その分楽しんでますよ〜^^ 
| 東北道の駅スタンプラリー2011 | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:44 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

金利差がスワップポイントとして加算