スバルWEBコミュニティ
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

ジオターゲティング
PROFILE
amazon.co.jp
ジャパネットたかた
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ハーレーダビットソン製作記17
カウルとタンクのデカールを十分乾燥させたので、クリアーの砂吹きを行いました。

これは、デカールをクリアーでコーティングする前に、デカールにクリアーのシンナーが浸透を防ぐためにおこなう作業です。

方法としては、エアーブラシを20cmぐらい離し、薄〜く吹くのです。
当然、砂吹きというくらいですから艶はなくなりますが、砂吹きした後のクリアー吹きで十分艶がでるので気にせず吹きます。

カウル砂吹き後1

艶が鈍くなって、表面がザラザラしているのがわかるかな?

砂吹き2回終了後の写真ですが、念のため乾燥後3回ほど砂吹きを繰り返します。
| ハーレー製作記 | 01:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハーレーダビットソン製作記16
大苦戦のタンク・カウルのデカール貼りが終わり、今日はちょっとした作業〜(結構しわが寄っている〜。クリアーでカバーできるのだろうか?)。

タンクデカール終了

ハーレーのエンブレム?のデカール貼りをしました。

今日はこれで終了〜。
理由は?・・・缶ビールすでに6本目(350ml)!結構酔ってます(@_@)

これ以上の作業は危険!
ここで止めとくのが無難でしょう。

あとはデカールの乾燥を待ってクリアー吹きです。
(乾燥までリアのサイドバック・キングツアーバックの製作に入ります)
| ハーレー製作記 | 01:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハーレーダビットソン製作記15
しばらく休止していたハーレー製作。

注文していたデカールが届き、体調が良くなって来たこともあり製作開始〜。

デカール貼りに再チャレンジ!
続きを読む >>
| ハーレー製作記 | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハーレーダビットソン製作記14のはずが・・・
この前吹いたボディーカラーが乾燥したので、デカール貼り〜。

ハーレーデカール

のはずが・・・
続きを読む >>
| ハーレー製作記 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハーレーダビットソン製作記13
飲み会が続いたことと、体調不良になったことから作業が進まなかったけど今日、やっとカウルとタンクのボディカラー塗装の本吹きをしました。

カウル・タンクカラー本吹き
続きを読む >>
| ハーレー製作記 | 00:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハーレーダビットソン製作記12
サーフェーサー吹き後のペーパー掛けが終わったので、いよいよボディカラー吹き!

ここでの失敗は後々響くので、慎重に作業を進めます。

温度湿度計20060326
室温25℃、湿度35%・・・、申し分ない条件です!
続きを読む >>
| ハーレー製作記 | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハーレーダビットソン製作記11
前回、サーフェイサーを吹いた後、タンクがネコの手兇ら落下しちゃいました。
完全乾燥前だったので傷が付いてしまったので、若干修正〜。

サフ1200
クレオスからは、スプレーと同じサーフェイサーが瓶でも販売されているので、筆でタッチアップ(これは助かる〜。これを薄めるとエアーブラシでも吹くことが出来ます)。
乾燥させるとヒケが出来る可能性があるので、チョンと盛り上げる感じでタッチアップします。

それから、3日ぐらい乾燥させたので全体に1500番のペーパー掛けをしました。
続きを読む >>
| ハーレー製作記 | 01:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハーレーダビットソン製作記10
各パーツの成型のための600番のペーパー掛けが終了したのでサーフェイサー噴き前に1000番のペーパーを掛け表面を整えました↓
サフ噴き前カウル
サフ噴き前タンク
前回の600番ペーパー掛け後より表面の傷が減っていることがわかるでしょう。

次は、塗装前の処理、サーフェーサー噴きに入ります。
続きを読む >>
| ハーレー製作記 | 02:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハーレーダビットソン製作記9
ブログで報告していませんでしたが、ハーレーの前後フェンダーの研ぎ出しが終了しました。
フェンダー研ぎ出し後

次はカウルとタンクの製作に入ります。
カウル・タンク部品

研ぎ出しまでの作業ってどうやるの?という方のために、ここでの作業は手順を少し詳しく書きたいと思います。
続きを読む >>
| ハーレー製作記 | 23:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
ハーレーダビットソン製作記8
Fフェンダーの研ぎ出しをしました。
Fフェンダー研ぎ出し
良い光沢が出たでしょう?(あいかわらず写真撮るのヘタだなぁ(^^;)

しかしこの写真の撮影後、不覚にも落としてしまい傷が付いてしまった(^^;

研ぎ出し用のクロス(布)を水洗いしてしまったので明日、傷の修正しなきゃ・・・。

次はRフェンダーの研ぎ出しです。
| ハーレー製作記 | 00:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
<< | 2/3PAGES | >>

金利差がスワップポイントとして加算